車いすバスケットボールに
挑戦してみませんか?


2006年12月3日から9日までの一週間は「障害者週間」です。障害をもつ方の自立と社会参加を進め、国民の障害者に対する理解と認識を深める期間とされています。

この「障害者週間」の趣旨を広く知っていただくため、埼玉・神奈川県の選抜チームを招いて、車いすバスケットボールの体験・講座が開催されます。

<主催> 我孫子市
<協力団体> NPO法人ACOBA 日本パラリンピックキャラバン

我々「我孫子市バスケットボール連盟」は、障害者の方に対する理解と認識を深めると共に、車いすバスケットボールの体験・講座のイベントを応援したいと思います。

 

 車いすバスケットボール体験・講座 

車いすバスケットボールとは、プレイヤーが車いすを使用するバスケットボールのことです。

コートの大きさ・ゴールの高さ・ボールの大きさなどの規格は一般のバスケットボールと同じで、ルールもほぼ同様です。

シドニーパラリンピックでの女子チームの銅メダルは記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

あなたも車いすバスケットボールの生の迫力とスピードを体験してみませんか?


日時 2006年11月18日(土)14:00〜16:30
場所 けやきプラザ2階(ふれあいホール) JR我孫子駅徒歩3分
 ※ 当日は公共の交通機関でお越しください
参加費 無料
 ※ 事前申込は不要です。直接会場にお越しください
持ち物 体験を希望される方は、体育館シューズもしくは上履きが必要です
 ※ 体験を希望される方が多数の場合、人数制限を行う場合があります
問い合わせ先 我孫子市障害者福祉センター п@04−7188−0141
我孫子市生活支援課      п@04−7185−1856
主催 我孫子市
協力団体 NPO法人ACOBA 日本パラリンピックキャラバン